防災企画・津波シェルターの開発、経営企画・PGM法による経営分析・戦略創出・計画策定ツールの提供、エネルギー企画・エネルギー関連エンジニアリング・エネルギー資源開発の提案

高齢者等要配慮者防災

  • HOME »
  • 高齢者等要配慮者防災

救護者用最終避難シェルター、高齢者等要配慮者向けシェルター

本シェルターは、歩行が困難な高齢者等要配慮者や、これらの方々の避難誘導に当たるため津波襲来の最後まで人命救助にあたる、救護者ご自身の救命を可能とします。

○高齢者等要配慮者や消防、警察、行政担当者など津波避難誘導に従事する方々の最終避難場所となります。

○身近な場所に避難シェルターを設置し、高齢者等要配慮者でも自力で避難を素早く、容易に行えます。

地震に伴う津波対策シェルターとして、密閉式ではなく下部を開放するシェルターとすることにより、構造への負荷荷重を大幅に軽減し、シェルターの安全性を高めています。(詳細は技術課題を参照)

○モジュール気密殻工法、RC一体構造により避難の安全性、低コストを実現します。

○想定外の高さの津波の襲来にも避難者の安全を確保します。

○津波シェルター以外の日常利用が可能です・・・地域のコミュニティーの場としての利用、暴風シェルターとしての利用等

 

(1)救護者用最終避難シェルター・・・津波高さ10m以上、避難人数20名程度用モデル


 

 

(2)屋内設置・高齢者等要配慮者用シェルター

①マンション向け3畳タイプ(8名避難)・・・寝室、書斎、防音音楽練習室等の日常利用が可能

②マンション向け1畳タイプ(3名避難)・・・低コストタイプ

 

 

(3)コミュニティー・シェルター(津波被害想定地域の要配慮者用シェルター)

・・・日常、公民館などの地域コミュニティーのための利用が可能

お問い合わせはこちらへ TEL 076-464-6580

PAGETOP
Copyright © シー・エンタープライズ株式会社 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.